サルぶろ☆

アフィリエイトで脱サラ!不動産投資と太陽光発電で収益の安定化を実現したサルの情報発信ブログです。

怒!どうなってるのデトロイト不動産

   

廃墟と化したデトロイト不動産

現在までの記事
大失敗だったデトロイト不動産投資(旧ブログ)
不良資産と化したデトロイト不動産

まぁストレスが蓄積されるばかり・・・
とにもかくにもレスポンスが悪い。好転を期待する方が甘いのかもしれませんが・・・
もう怒ったので岩佐氏の代理人(弁護士)とのやりとりを公開してやります。弁護士名だけは匿名にしておきます。

みなさん、どう思います?
同じように騙された方も、そうでない方も意見をいただけるとありがたいです。

メールのやり取りは合同会社天岩の代理人(弁護士)です。
その前に電話でも話しており、要望を文書(メール)でとの依頼がありました。

当方からの最初のメール(8月20日に送信)

弁護士 **先生

先ほどはお電話で失礼しました。
レイナス及び、天岩、岩佐氏、四方田氏への要望です。

要望は
購入した5物件の内、リフォーム渡しのはずが当初からリフォームされていないと思われる下記3物件の買戻しです。
・△△ St. Detroit, MI 48227(購入価格$22,000)
・△△  St. Detroit, MI 48227(購入価格$22,000)
・△△  St. Detroit, MI 48236(購入価格$40,000)

変更した管理会社より高額のリフォーム費用の見積もりがあり、リフォームもできず中途半端な保有状態にケリをつけたいと切に願っています。

ドルベースで購入価格の半額(総額$42,000)で買戻しいただけないでしょうか?
受け入れていただけるなら、全て清算ということにしたいと思っています。

受け入れていただけない場合は、当方も非常に面倒ですが何がしかの法的手段に訴えざるをえません。
中途半端な保有状態がストレスなので・・・

以上、ご検討いただければ幸いです。
返信をお待ちしています。

よろしくお願いします。

当方からの催促メール(8月30日に送信)

メール送信から10日間も返信がなかったので、当方から催促のメールを送信しています。

弁護士 **先生

お世話になります。
先日、メールさせていただいた要望に関して、いかがでしょうか?

返信をいただけると幸いです。

よろしくお願いします。

代理人(弁護士)からの返信(9月6日に受信)

□□ 様

メールにてご依頼いただいた件について、岩佐氏、天竜氏と協議した結果をご回答します。
デトロイト地区不動産売却事業に関するRJダニエル社の契約不履行により、すでにご通知いたしましたとおり、レイナス社は事業破綻状態に陥っており、それに伴って、岩佐氏、天竜氏ともに経済的にひっ迫しているため、これら3者による貴殿購入不動産の買取は不可能と言わざるを得ません。
なお、売却ご希望の3物件のうち、△△と△△の2物件ついては、売主はDade LLCというRJダニエル社社長ロバート・ダニエル氏が経営する別の会社になります。したがいまして、仮にこの2物件について売主の債務不履行等を理由に契約解除、代金返還をご請求になるのであれば、ご請求相手は売主であるDade LLCとなりますので、念のため申し添えさせていただきます。
売却ご希望の3物件につき、売却のサポートを行わせていただくことが可能であることは、すでにお伝えしてあるとおりですので、ご検討いただければ幸いです。
弁護士 **

代理人からの返信に対する当方からの要望(9月7日に送信)

弁護士 **先生

返信をいただき、ありがとうございます。
ただ内容には失望しています・・・

レイナス社、及び岩佐氏、四方田氏が経済的にひっ迫しているとのことですが、今般の経緯を鑑みると、とてもそうは思えません。
仕入価格と売却価格の差益、物件の売却数、するべきリフォームの不履行を考えると相当額のキャッシュフローが発生しているはずです。
そのキャッシュはどこにいったのでしょうか?
資産を移動させただけと疑わざるをえません。

それとも全てRJダニエル社、及びロバートのふところなのでしょうか?
もし全てがRJダニエル社のふところであるなら、なぜ被害者の代表となって訴訟を提起してくれないのでしょうか?
この場合、レイナス社、及び岩佐氏、四方田氏も被害者であるはずですし、当初は訴訟を起こすと言っていたはずです。
代表となって訴訟を起こし戦ってくれるなら、例え負けたとしても納得できます。
当方から考えるとレイナス社、及び岩佐氏が訴訟しない理由がわかりません。ロバートとグルであるとしか考えられないのです。

この件に関し、何か岩佐氏側からの言い分があるのでしょうか?

本来であれば、訴訟を提起して貰うことを望むのですが、当方として中途半端な保有状態がストレスになってますので、購入価格の半額での買戻しを提案させていただいたのです。
そして、この件を終結させたかったのです。

Dade LLC社に請求しろとのことですが、英語が堪能でないからレイナス社や天岩のサポートで購入したのです。販売社としての責任は重大だと思うのですがいかがでしょうか?
それにDEEDによるとDade LLC社とReinus Investment Group社は同じ所在地になっています。請求するなら、やはりレイナス社にさせていただくと思います。

半額での買戻しは不可能とのことですが、買戻し価格がいくらであろうが、いっさいNGということでしょうか?提案もいただけないのでしょうか?
また、売却のサポートをするということですが、どのようなサポートでしょうか?
当方の案件は売却価格がいくらであるなら、すぐに売却できるのでしょうか?

再度、買取についても検討いただけると幸いです。

早くケリをつけたいです。返信をお待ちしています。
よろしくお願いします。

当方からの催促メール(10月1日に送信)

前回のメールへの返信がないので、当方から再度催促のメールを送信しています。

弁護士 **先生

返信メールでいくつか質問させていただいたのですが、これに対する返答はいかがでしょうか?
答えられないこともあるのかもしれませんが、下記項目くらいの返信はいただきたいです。
>>半額での買戻しは不可能とのことですが、買戻し価格がいくらであろうが、いっさいNGということでしょうか?提案もいただけないのでしょうか?
>>また、売却のサポートをするということですが、どのようなサポートでしょうか?
>>当方の案件は売却価格がいくらであるなら、すぐに売却できるのでしょうか?

返信をお待ちしています。

現状

10月1日に催促メールを送信してから、その後も返信はありません・・・

なんでこんなにレスポンスが悪いの?
歩み寄って解決しようなんて意思はかけらもなさそうです。

 -不動産投資